プロフィール

じぃ~じ

Author:じぃ~じ
●○2002年4月○●
首都圏某有名進学塾へ就職

●○2008年3月○●
校長に就任

●○2011年3月○●
ワーホリでオーストラリアへ

●○2013年3月○●
帰国。
教員免許取得のため活動中。

●○好きな映画・ドラマ○●
「Bring it on(チアーズ)」
「魔女の宅急便」
「天国の本屋~恋火~」
「あまちゃん」
「最高の離婚」

●○好きなタレント○●
木村拓哉・有吉弘行
大泉洋

●○好きな俳優○●
堺雅人・佐々木蔵ノ介
香川照之

●○好きな女性○●
竹内結子
夏目三久
尾野真千子
三宅由佳莉

●○好きな女優○●
天海祐希
宮本信子
メリルストリープ
能年玲奈
多部未華子

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

“帰って来た”じぃ~じの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“帰って来た”じぃ~じの日記 最終記事
ありがとう 記事は続くよ どこまでも (じぃ~じ 心の川柳)


2016年3月31日(木)。

2015年度最終日、そして


“帰って来た”じぃ~じの日記 最終記事


となりました。

まず正式に今年度、2015年度の目標達成状況を振り返ると…


①教員免許取得&教員採用試験等合格
→達成!

②彼女を作る
→残念

③読書40冊

→達成!

④ブログ記事120本
→達成!


となりました。
②に関して、教員の仕事をしながら果たして光はあるのかという感じがしますが、来年度への宿題ということになりました。


ワーホリ2年間を記録した「じぃ~じの日記」
帰国後、3年間の日大通信での教職課程、そして教員採用試験の過程を記録した「“帰って来た”じぃ~じの日記」

かれこれ5年も続けているかと思うと、なんかすごいって思っちゃいます(^_^.)
記事の書き方も、他の人を参照にしながら色々工夫したり、当初はあまりのITリテラシーの低さゆえ、人に迷惑をかけたり、かけそうになったりしました。
当初は内輪の人間の楽しみとして始めましたが、長年続けていることで隠れファンも出来、密かにメッセージをもらうこともありました。教員免許や採用試験関係の人が読んでくれていたようです。
昔の上司や、はたまた職場の同僚にもブログがばれていきました。
読書や雑感記事では、後で読み返したときに自分が共感したこと、それがすなわち自分の信念であるということを学びました。
ブログで高らかに目標を宣言することで、自分を追い込み、励みにすることが出来ました。
達成までの記録を後で読み返しながら、一人で笑ったこともありました。


このブログを1回でも読んでいただいた方、ストーカーのように読んでいただいた方、何らかの形で関わった方、すべての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

これから通信制の大学で教員免許を取得しようとする人、教員採用試験を受けようとする人、英語の資格を取ろうとしている人。
いずれかの共通項でこのブログにたどり着いた時、私の経験を記したこのブログが、少しでも勇気となり、お役に立てれば嬉しく思います。

ブログ運営会社のサービスを利用して本としても残したいとずっと思っていますが、いつのことやら(笑)。


4月第2週より、教員として勤務を開始します。
最初は色々慣れないことが多かったり、授業準備や学校行事、いわゆる校務に追われるかと思います。
しかし、楽しみにしている人が少なからずいるようなので…


続編の発表です。


じぃ~じの日記と夢の続き
~The best things are never in the past, but in the future.~



いつまで続くかわかりません(笑)。
面白いかどうかわかりません(笑)。
引き続き、内輪の人間の楽しみとして勝手気ままにやらせていただきます(笑)。

是非とも覗いてみてください(#^.^#)


ランキングに参加しています。
友蔵さんをクリックして下さいm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
小さいおうち(映画)
受賞作 名監督の 奥深さ (じぃ~じ 心の川柳)


3月31日(木)。

引き続きやることが無いので、動画配信サイトの映画を1本観賞しました。
(一応断っておきますが、英語は軽くやって、教材も軽く作ってます。それでも暇なんです(笑))


小さいおうち
小さいおうち


ずっと気になっていた1本でした。
2年前に記事にしましたが、この作品で女優・黒木華さんベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞しました。
果たして、どんな演技だったのか。
そして、いったいどんな内容の映画なのか。
わかりやすいハッピーエンディングストーリーやコメディが好みの私。
そういう感じではないだろうけど、この機会にと観ておきました。

とにかく黒木さんの演技に注目していた私としては、???という感じ。
言われてみれば山田洋次監督作品もたぶん自分から見るのが初めてだと思いまいたが、その世界観の楽しみかたにまだ体がついていかなかったのかもしれません。

女中として奉仕していた一家で知ってしまった秘密。
その時代においては“非国民”と抽象されるほどのその出来事にも関わらず、静かに、独特のペースで進んでいく物語。
その中で描写される登場人物の繊細な心情。

今回の作品に関しては、そんな印象でした。
今の私には感情移入どっぷりで涙ちょちょぎれる内容ではありませんでしたが、いつかそうなる時が来るのでしょうか…(^_^.)


ランキングに参加しています。
友蔵さんをクリックして下さいm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
白ゆき姫殺人事件(映画)
今どきの サービス嬉し 小休止 (じぃ~じ 心の川柳)


3月30日(水)。

昨日が勤めていた会社の最終出勤日。
次の登校日が4月4日(月)、その次が4月7日(木)の全員初出勤。
この1週間…





との戦い。

正確に言うと、引き続き軽くではありますが英語は続けていたり、教材や授業の準備を進めてはいるのですが、なんせ1週間ありますので…。

独身男×暇=映画

という方程式に従い、今回は映画配信サイトの無料期間を駆使して、観たかった映画を見ることにします。


白ゆき姫殺人事件
白ゆき姫2


以前に湊かなえ著の原作本を読んでおり、いつかは観たいと思っていた作品でした。
なんせ出演者


井上真央、綾野剛、菜々緒、蓮佛美沙子、金子ノブアキ、貫地谷しほり


豪華キャスト


特に綾野剛は先日の「リップヴァン・ウィンクル」での名演を受け、更に興味がわいたというのがあります。
内容に関しては、小説を記事にした時に書いたので省略します。

映画や小説の中では「地味で特徴のない女・城野美姫」として出演している井上真央さんですが、いやいや十分可愛らしく。
そしてこの作品の展開的に、時には猟奇的な人殺しとして、時には居場所を失った被害者として、様々な表情を見せる演技は素晴らしかったです。

湊かなえ原作を上手く映像化した作品だと思います。


ランキングに参加しています。
友蔵さんをクリックして下さいm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
リップヴァン・ウィンクルの花嫁(映画)
味わいは 違えど演技 堪能し (じぃ~じ 心の川柳) 


3月27日(日)。

仕事は有給消化、次の登校は4月4日。
卓球の試合は終了。

means

暇。

今、暇です。もちろん、準備は少しずつやってますけど、どこまでやっていいのかわからなくて(・.・;)

ということで映画を観に行きました。


リップヴァンウィンクルの花嫁
リップヴァンウィンクル


公開したばかり、岩井俊二監督という、なかなか自分の行動パターンにはない感じでしたが、新聞で紹介されていた上、


黒木華


綾野剛


というしびれるキャスト。
黒木さん演じる皆川七海はお見合いサイトで鶴岡鉄也と知り合い、結婚する。
七海の両親は離婚、親戚は綾野剛演じる何でも屋・安室から派遣された偽物。
ネットのSNSで出会ってからの茶番劇をつぶやく七海。

そんな結婚は、その安室自身の別れさせ工作により、破綻を迎える。

序盤の展開から綾野剛の立ち位置が全くわかりませんでした。
中盤、coccoが登場してからストーリーの流れは全く違う物になります。
そして、多分これが「岩井俊二ワールド」なんだろうというアートな描写・脚本から終盤に向かっていきます。
(私の記憶が正しければ、岩井俊二監督作品を見るのは初めてなので、勝手な予想ですが)

分かりやすい映画を見慣れている私にとっては、なかなかメッセージ性を感じ取ることが難しかったです。
それでも、最後にはすっきりとした気分になりました。

とにかく様々な表情を見せる黒木さんの演技に惹きつけられたのと、綾野剛が綾野剛らしくその魅力を発揮した作品だったと思います。
公開2日目の日曜日20:00からの回を見ましたが、そこそこお客さんも入っていました。

いよいよブログもラストスパートです。

ランキングに参加しています。
友蔵さんをクリックして下さいm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
ラージボール卓球、2戦目。(荒川ラージ大会)
奮闘の 痛み悔しさ 汗となり (じぃ~じ 心の川柳)


3月26日(土)。

この日は先月に続き、ラージボール卓球の試合に参加しました。
前回との違いは、今回は個人戦であり、ミックスダブルスに加えシングルスの試合があるということ。

シングルスでの勝利。

これこそがラージボールを始めて以来の至上命題なのです(大袈裟)。
今回、ミックスダブルスのパートナーはA女史が手配してくれた大学生。
強豪校出身。練習の段階から動きが違います。

そのパートナーの力を存分に借り、予選リーグでは4勝2敗の3位通過。
意識の高いパートナーは納得いっていない様子でしたが、私的にはもう十分でした。
決勝トーナメントでまさかの身内対決に敗れるという波乱があり、優勝は逃しましたが、満足度は高かったです。
ちなみにそのパートナーはシングルス準優勝でした(^_^.)

午後、シングルス。
予選リーグではYouTubeで研修材料にしてもらった選手を含め4人リーグ。
私の登場はその初戦でした。
59歳以下のリーグ。
初戦のあいては、その年齢ギリギリなのかなと思うくらいのお父さん。
そんなに強敵でもなく、向こうも緊張しているようで動きが硬い。
ただ、こちらも動きはがちがちで勝てそうな相手に逆に意識してビクビク。
1セットとった後の2セット目はデュースにもつれ込みましたが、なんとかものにしました。
この瞬間、


ラージボール卓球、シングルスでの初勝利を手にしました。


2戦目の相手、3戦目のYouTuberにはぼこぼこにされましたが(笑)。
特に、Youtuberはロビングで遊んでくれて、それをとにかく向きになって打ちまくり、いい汗を流させてもらいました。

決勝トーナメント1回戦も恵まれた相手に勝利し、2回戦へ。
2回戦はいぶし銀のカットマン。
とにかく粘って我慢大会。
それを最初から狙っていました。
一進一退の攻防が続いた1セット目。
ジュースにもつれ込んだ12-12。
相手のネット際に落ちたボールを、いぶし銀選手がラケットを放って打ったそのボールがin。
ルール上、それは相手のポイントとなり1セット目を失う。

2セット目。
打ち急ぎミスを重ねる相手に対し、こちらの強打も決まりだし、奪取。

3セット目。
序盤4ポイント連取され、向こうもかなり粘りの戦略に変更。
最後には汗と疲労を重ねたこちらの粘り負け。6-11。
力尽きました。

カットマンとの粘り対決、フルセット。
今年度の締めとして、いい汗をかかせていただきました。
けど、勝ちたかった~!悔しい(>_<)

翌日。
これまでに感じたことのない全身筋肉痛も、競技を満喫した喜びの証なのでした。


ランキングに参加しています。
友蔵さんをクリックして下さいm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。